歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
院長の説明時、TCはどの位置にいるべきか?

D歯科医院 D様

コンサル時に、もし院長が一緒に入った場合、TCはどの位置にいた方が良いのでしょうか。院長側に座ると、1対2みたいになるので、患者様が不安になるのではないか。患者様側に座ると、患者様の表情が見えにくいので、お困りの時に助け舟をだしにくいのではないかと考えたりしています。いかがでしょうか?

回答

院長側でいいでしょう。院長側に座って、柔らかい表情で院長の説明することについて「うんうん」とうなずくのがよいです(声をだす必要はありません)。患者様は、あまり話す機会がない院長からの説明には不安を感じるものです。そこを信頼関係が築けているTCがうなづいて聞いていれば「きっとそのとおりなんだろうな」と安心して、説明を受け入れることができます。

 

座る位置以上に大切なのは、患者様の表情を見逃さないことです。患者様がちょっと首をひねった、顔がくもったところなどは、メモしておき、院長が一しきり説明を終わって、退室した後、「ここの部分でわからないところ、心配なところはありませんか? ちょっとしたことでもいいですよ」と質問するのです。

 

何もなければそれでいいですし、質問があれば答えて差し上げてください。気遣う姿勢を忘れないでくださいね。

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ