歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
「今回は、保険内で」と患者様に言われた場合の対処法

A歯科医院 N様

金額面で「今回は、保険内で」とおっしゃる患者様が多くいらっしゃいますが、 そういう患者様にはどういうふうに自費を進めていけばよいのでしょうか? 説明の仕方によっては自費になる可能性もありますか?

回答

初診時に「今回は保険内で」と言われた場合は、 しっかりコミュニケーションを取っていれば、 補綴コンサルで自費治療を受けたいと、気持ちが変わることはよくあるので、 ここでは、補綴コンサル時に「今回は保険内で」と言われば場合を考えてみましょう。

 

「なんとか保険を自費に変えてやろう」という気持ちだとなかなか難しいでしょう。 「今回は保険内で」というのにも、いろいろな状況があります。

 

1)自費治療について理解がなく、経済的に不可能 2)自費治療について理解がなく、経済的に可能 3)自費治療について理解があり、経済的に不可能

 

※「自費治療について理解があり、経済的に可能」という場合もありますが、   これは自費治療を受けるはずですから省略します。

 

1)については本当に保険治療のみになりますね。 3)の場合に「今回は保険内で」となった場合は、 患者様が「こっちの方がいいんですよね…」とか「本当はこれにしたいのですが…」など ちらちら本音が出てきていると思います。そして「でも金額的に…」という諦めが出てきますから できれば、支払方法を現金以外にカード払いやデンタルローンができますよ、ということを きちんと伝えていればよいでしょう。

 

難しいのは2)の場合です。 こちらが一生懸命説明していても、素通りして、

「金額的にな価値があるのだろうか」 「きれいになった歯が想像できない」 「せっかく治療したところが悪くなったらどうしよう」 「体に悪い素材じゃないのかな」 「家族に反対されるだろうな」 「今じゃなくていいよね、また今度にしよう」

というような心配・疑問が患者様の中に残ったままなのです。

 

「よく寄せられる質問一覧」というのを作って、 それを見せて「この中で知りたいことは何ですか?」 と聞いてみるのも1つの手です。 その場で決められないようなら持って帰ってもらうこともできます。

 

ただ、注意してほしいのは、説明の仕方のようなテクニックにだけに走らないでください。 あなたが本当に自費治療の価値をわかっていて(自分も自費治療を受けているとさらにいい)、 親身になって説明を尽くせば、自然と自費治療を受けたいという人が増えてきます。 なぜなら、人は「共感」するいきものだからです。 あなたがまっすぐに自分の気持ちを伝えたら、 きっと「これはいいものだ」と思ってくれる患者様でいっぱいになりますよ。

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ