歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
男性の患者様への対応(2011.08.26 追加)

A歯科医院 Aさん

男性の場合のカウンセリングの仕方で何かアドバイスがあったら教えて下さい。今回カウンセリングをしてみて、あまりフレンドリーにしないほうが良いのかな?と感じました。

回答

男性でも女性的な方もいますし、女性でも男性的な方はいますね。
初対面ですぐに友達になれる人と人見知りでなかなか仲良くなれない人がいます。
フレンドリーに接することができる場合と、できない場合があるということです。
だから、本来ならば、男性も女性も関係なく、目の前の人に合わせて、
「フレンドリーにしない方がいいのかな」と思ったら、
そのように対応して、その後、顔を合わせるごとに少しずつフレンドリーに接し、
徐々に仲良くなっていく、というプロセスを取ればいいでしょう。

 

なお、一般的に男性には論理的で、女性は感情的という傾向があると言われています。
このことを考えれば、男性の患者さんの場合はフレンドリーな関係を築くというより
「結論→理由」(「この材料は他の~~よりも★★です。それは●●な特徴があるからです」)
とテキパキと説明をしたり、単刀直入に「何を望んでいるか?」を聞いていくとよいでしょう。
要望の多くは「忙しいから早く終わりたい」でしょう。
しかし、しっかりした治療が必要なら、検査結果と治療が必要な理由を
伝えれば、納得される方も多いです。
冷たく感じられる男性もいますが、それは仕事上そう振る舞うクセがついただけで、
中身はいい人が多いです。こちらも身構えず、通常どおりにやればいいでしょう。

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ