歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
カウンセリング初級者の不安(2011.08.19追加)

H歯科 Yさん

カウンセリングシートを活用しても10分、15分かからずで、終わってしまうのですが、まだまだ聞き出せていない部分が自分でもあると思うのですが、これからたくさん経験して、数をこなしていけば、いろんな聞き方や、引き出し方ができるようになるでしょうか?

回答

「今よりも上手になりたい」という気持ちとそのための行動をしていただければ大丈夫です。なかなか話を聞き出せないという方の多くが、歯科医院で働き始めて間もないという場合です。

これは質問の仕方というよりも、歯科の知識が少ないためです。そして、自信がなく「もしわからない質問をされたらどうしよう」などと不安になり、気持ちが患者様ではなく自分に向いてしまって、患者様の返答に突っ込みが足りず、結果として、カウンセリングの時間が短くなってしまうのです。この場合は勉強して覚えるしかありません。がんばりましょう!
※半年ほどの経験をした場合の知識があれば、初診カウンセリングはできるでしょう。

ある程度の知識をつけることができたら、スタッフの協力を得て、ロールプレイを繰り返します。そのときの様子をビデオで撮影しておくと、振り返りがしやすいです。もちろん、可能なら本番のカウンセリングも録音や撮影も行い(患者様の同意のもとで)、自分で聞いたり、見たりしてください。

同時に、質問力についての本も読んでおくとよいでしょう。
下記の2冊は読みやすいです。
『「できる人」の聞き方&質問テクニック』

http://www.amazon.co.jp/dp/4894512211/

『あたりまえだけどなかなかできない 質問のルール』

http://www.amazon.co.jp/dp/4756913121/

そのような練習を10回、本番を10回経験すれば「10分、15分もかからずに終わってしまう」ようなことはなくなるはずです。ぜひがんばってくださいね。

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ