歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
前の歯科医院で「費用がたくさんかかった」という不満への対応(2011.06.06 追加)

A歯科医院 Aさん

義歯を作るにはどれくらいの期間がかかる、や各個トレーを作るなどの説明はTCがした方がいいのでしょうか。また、前の歯医者で費用が沢山かかった、という不満(保険内での治療であっても)をお持ちの方にも自費の義歯などの説明はした方がいいのでしょうか。

回答

先生が自らしっかりと説明したい、
また時間の余裕があるという場合は必ずしもTCではなくてもよいと思います。
ただ、TCの必要性を感じているのですから、
そういう状況にはないのでしょう。
義歯できるまでの期間や方法などは、
可能ならぜひTCが説明してあげてください。
何も説明ないよりは、きっときっと患者さんは安心します。

今自分がどのあたりにいて、
あと何回くらいで終わるのかという見通しを伝えることは、
患者様にとても安心感を与えます。

「前の歯医者で費用がたくさんかかった」という不満をお持ちの場合は、
「あのぉ、失礼かもしれないですが、よろしければどれくらいかかったのか教えていただけないでしょうか?」と
おおよその費用を聞いたほうがよいでしょう。
※聞くのがちょっと申し訳ないです、という下手(したて)な感じで質問するのがコツです。

「たくさん」という言葉はあいまいですし、
その金額はひょっとしたら妥当なものだったかもしれません。
患者様と歯科医院の情報差をなくすこともTCの大切なお仕事です。
「これくらいはかかるものなのだ」と理解してもらえれば、
スムーズに自費治療に移行する可能性は高まったり、
「自費の説明はしない方がよさそうだ」という判断も正確になります。

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ