歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
スタッフ数が少ない場合、TC業務をどうすればいいか(2011.04.26追加)

N歯科医院 Nさん

具体的な内容の質問とはかけ離れてしまいますが、TC業務をやり始めたら、やったりやらなかったりではなく継続して行っていきたいと考えています。しかいわりとぎりぎりの人数でやっているため、今の体制から人数が極端に減ってしまった場合、TCの業務以外に時間をとられ(衛生士業務、受付など最低限やらなければ回らないような業務)TC業務に時間を割けなくなってしまった場合どのようにしていったらよいのか。

回答

本人の都合だったり、家庭の都合だったりで、突然スタッフが退職しなければならなくなり、人員不足になってしまった…。
そういうことはよくあります。
こうなった場合、ぎりぎりの人数でやっているとTC業務を続けるのは厳しくなりますね。
(※ぎりぎりの人数でやることは悪いわけではありません)

もちろん、継続してTC業務をやっていけるのがいちばんですが、現実は思い通りにいきません。
もし、人出不足になってしまった場合は、全面的にTC業務を中止するのではなくて、
時間帯や曜日限定で、TCを続けられるところを見つけてください。

ある医院はパートの方がいる午前だけ、ある医院は比較的時間に余裕がある夕方5時まで、など限定してカウンセリングをしています。
本来ならば、スタッフ数に余裕がある医院にTC業務は根付きやすいです。
しかし、スタッフ数がぎりぎりでも、患者様にカウンセリングを行って、より満足を提供したいという気持ちが大きい場合には時間帯などを限定して、実施しましょう。
そして、スタッフ数に余裕が出てきたら、全面的に実施すればいいのです。

「やるか、やらないか」という思考ではなくて、「ここだったらできるかも」という前向きな姿勢で取り組んでいけたらいいですね。

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ