歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
初診時にたくさん伝えすぎている気がする。どうすれば?(2011.03.18追加)

O歯科クリニック Kさん

当院ではまず、TCが初診コンサルする際に一緒にセカンドコンサルの内容もお伝えしています。その後衛生士から歯周初期治療についての説明があり、更に院長から医院のコンセプトや全体的な詳細な説明があります(初診時にこれを全て行ってから治療が始まります)。

もしかしたら、説明が重複しているところもあるかもしれないし、一度に沢山の情報を伝えることによって患者様が混乱してしまうのでは...と気になりはじめました。

医学的なことは衛生士や先生が説明した方が患者様にとっては分かりやすいのかもしれません。なので、TCはコンセプトの概要を伝えることと、主には患者様の背景や気持ちをお聞きすることに重点を置いても良いのかなと、考えていますがどうでしょうか?

回答

基本的に「歯科医院スーパーTC育成塾」でお伝えしている流れ、方法で問題はありませんが、医院によっては、伝えたいことなどにこだわりを持っている医院もあります。もちろんはそれは素晴らしいことだと思います。

「説明が重複しているかも、たくさんの情報を伝え過ぎかも」と不安な場合は、医院の皆さんといっしょにミーティングを行うことがいちばんです。正式にミーティングの時間が取れればいいのですが、時間の都合上難しい場合は、お昼休みにでも、何回かに分けてでも、話しあってみてください。そのようにして、1度、カウンセリングの内容を整理しましょう。意外と、知識不足だったり、バラバラなことを伝えていたということが発覚したりします。

患者様への説明については、衛生士や先生に余裕があるなら、行ってもいいでしょう。しかし、治療や予防処置に専念できるためにTCがいることも確かなので、ある程度の説明はできるようになった方がよいでしょう。その方が医院は効率的になりますし、コンセプトを伝えたり、患者様の背景や気持ちを聞くだけはもったいないように思います。

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ