歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
患者様が求めているものをうまく感じ取れていない(2011.03.18追加)

U歯科医院 Sさん

患者様にとって何を今求めていられるんだろうと常に感じ取れるように意識していますが、なかなかカウンセリングなどでうまく感じ取れていないと思います。やはり回数をこなすことなのでしょうか?

回答

患者様が今何を求めているかは「顔の表情」に注目する方法があります。驚き、喜び、不安など、人には様々な表情がありますから、カウンセリング中は表情に注文してみてください。特に、患者様が不安そうにしている、またはどうすればいいかわからなそうにしている場合は、「何かご不安なことがおありですか?」などどストレートに聞いてみることです。

初めのうちは「いいえ、何でもないです」と言われるかもしれません(いわゆるハズレ)が、そのうち「実はこうなんです」と言ってくれることが増えてきます。また、それぞれのカウンセリング(初診、セカンド、補綴)を数十回実施しても「うまく感じ取れていないなぁ」という場合は、ご自身が行っているカウンセリングを見直したほうがよいかと思います(まだそれだけの回数をこなしていないというなら、まずはこなすしてくださいね)。

ちなみに、見直し方ですが、自分なりのカウンセリングノートをつけて振り返る方法があります。パソコンに入力しても構いません。どんな患者様だったのか、どのような内容だったのか、結果どうなったのかを記入していきます。そのときに「もし同じ状況になったら次はこうしよう」とポジティブな反省を行ってください。

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ