歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
患者様の説明時に語彙力不足を感じる。どうすれば?(2011.03.05)

A歯科クリニック Aさん

患者さまにプレゼンや治療の説明など情報提供をする際に語彙力のなさを感じます。
語彙力をつけるにはどのようにトレーニングをすれば良いですか?

回答

様々な資料を読んで、勉強することです。
その中で「ピンとくる」言葉が見つかることもあります。
どうしても語彙力のなさを感じるならば、次の2つを強化してください。

・事例を増やす
・ビジュアルな資料を増やす

1つ目ですが、これまでの患者様の事例(感想文やインタビュー)があると
「こういう患者様がいました」
「この患者様は~~な治療を受けられた~~のように変わりました」
と患者様がリアルにイメージできるストーリーを語ることができます。
語彙力がなくても、事例を語れば、わかってくれる患者様は増えるでしょう。

2つ目ですが、ビジュアルな資料も語彙力を補ってくれます。
写真、動画、イラストなど、今はたくさんの使える資料があります。
「語彙力がないから」といって、語彙力をつける必要は必ずしもないのです。
少なくともTC育成塾でお伝えしている内容を理解できれいれば大丈夫です。
それ以上の語彙力は必要ではなく、
しゃべるのが苦手ならば、事例や資料をどんどん作ってください。

立て板に水のように話す必要はありません。
たどたどしくても、誠意ある補綴コンサルをしましょう。
がんばってください!

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ