歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TCのQ&A

2016年04月08日[]
診療業務でいっぱいいっぱいの状況です。どうすれば?(2011.02.18追加)

I歯科小児歯科 Mさん

今現在、患者様が急増し診療をスムーズに進める事でいっぱいいっぱいになっているのが現状です。初診カウンセリングもチェアサイドで今までよりも聞く項目を増やし、少し詳しく聞いている程度。セカンドカウンセリングも補綴コンサルも実現できていません。カウンセリングルームを用いて行うと、一衛生士が抜けて診療が進まなくなってしまいます。スタッフの募集もかけていますが、実際に特に何かを取り入れたり、変えたりする事が出来ていません。今来られている患者様をしぼってカウンセリングを行っていったほうがいいのか、期間をあけて時期を待って行っていけるのか、どうやって取り入れるといいのか見出せていません。最初の一歩を皆さんどのように始めているのでしょうか。

回答

患者様が急増しているということは、多くの場合、
患者様に対して行っていることが正しく、支持されているということです。
カウンセリングルームを使うとスタッフが抜けて、うまく診療が回らなくなるのは
本末転倒ですから、現時点では避けた方がよいと思います。

こういうときに無理は禁物で、
代わりにスタッフの募集や資料の作成などの準備を進めましょう。
いきなり完璧を目指さず、コツコツをやっていくのがよいです。
1度にたくさんのことをやるよりも、
少しずつでもいいので確実にできることを実行してください。

例えば、曜日限定だったり、時間帯限定でもいいのです。
ある医院は、スタッフの余裕が本当にないため、
パートの方がいる週3日の午前中だけ、カウンセリングを行っています。
今できる範囲のカウンセリングを行い、改善できることは改善しておくのです。
その努力は、本格的にTCを導入する際に役立ちます。

カテゴリ:

TCのQ&A

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ