歯科経営歯科スーパーTC育成塾

  • 045-440-0312
  • メール・お問合せはこちら

TC育成塾 ブログ

2016.02.04 カウンセリングの情報共有の大切さ

そろそろ今年のTC育成塾(第8期)が近づいてきました。今年は人気急上昇中の萩原といっしょに開催することになります。大阪会場、東京会場ともに、多くの参加者がいらっしゃいます。今年のTC育成塾も楽しみですね。


さて、今回はカウンセリングの情報共有についてです。12月にコンサルティングにお伺いした医院は、数年前にTC育成塾に参加されました。参加したのは1名だったのですが、いまでは初診カウンセリング・セカンドコンサルができるスタッフが3名、補綴コンサルが2名できます。


ここまではTC育成塾に参加しているところにとって、よくあることです。でも、この歯科医院が素晴らしいところは情報共有です。


初診カウンセリングのカウンセリングメモ(TC育成塾で配布しているもの)をスタッフルームのロッカーに貼り付けて、全員が見るようにしています。新しい患者様がどんな人なのかを全員で共有することで、コミュニケーションが増します。


また、補綴コンサルの結果も共有しています。ちゃんとフォーマットを作って、どの患者さんにどういう説明をしたのかを管理しているのです。こうすることで、説明の抜け・漏れを防ぐことができます。


stcblog.jpg
実際の補綴コンサル共有情報


補綴コンサルを含め、患者様への説明・コミュニケーションを共有化しておくことは重要です。でも、こういうことをするのって、とてもめんどくさいのです。多くの医院は継続ができません。一方、めんどくさいからこそ、がんばって継続することで他院との差別化につながります。


まだやったことない場合は、ぜひチャレンジしてみてください!

TCの基礎知識

初診カウンセリング

セカンドコンサル

補綴コンサル

ブログ

TCのQ&A